香芝市の社会福祉活動を推進

活動の進め方

「社会福祉推進委員会」 活動の進め方

活動のポイント

地域福祉推進委員会の活動は、住民による見守りや日常生活の支援といった活動、また調査や相談などをとおして、地域ささえあいによる住民の「安全」「安心」をすすめますが、すぐには馴染みにくいので、視点を変えた取り組みが大切です。まずは、住民相互のふれあいを深めていくことから始めましょう。地域づくりの第1歩は住民同士のふれあいづくりです。遊びやスポーツを活動に取り入れて積極的に交流を深めていきましょう。

1.地域福祉推進委員会の活性化を図りましょう

まず、地域における住民の福祉活動の核である地域福祉推進委員会の活動基盤を整えましょう。
そのためには役員会等を積極的に開催し、地域福祉推進委員会の活動方針を明確にすることが大切です。住民とともに歩む地域福祉推進委員会を目指して活動の活性化を図りましょう。

2. ふれあいづくり活動に取り組みましょう

住民同士のつながりが希薄ぎみな地域では、地域福祉推進委員会活動は進めにくいといえます。
まずは、地域のふれあいを深めることを目標に取り組みを進めていきましょう。

3. 世代を越えた交流活動も大切です

地域のふれあいを高めるには、お年寄りから子どもたちまで世代を越えたつながりを深めることが大切です。地域に福祉課題がないから活動ができないというのではなく、このように住民相互のふれあいづくりに積極的に取り組むことも地域福祉推進委員会の大きな役割です。

4. 活動を通じて地域福祉推進委員会をPRしましょう

地域福祉推進委員会活動を住民に理解してもらうことが大切です。活動を通じて地域福祉推進委員会の取り組みを住民にPRしていきましょう。広報誌を作成するのも効果的は方法の一つです。

地域福祉推進委員会活動への理解を促しましょう

住民のふれあいを高めるとともに、地域福祉推進委員会活動への理解を促していくことが大切です。地域性や住民意識等により時間がかかるかも知れませんが、焦らず根気よく取り組みましょう。
そして活動内容もふれあいづくりから住民参加による見守りや日常生活の支援活動へと着実にステップアップを図っていきましょう。

ふれあいを高める活動メニュー紹介

世代間交流活動

年輩者に対する理解と敬意の念を育みます。
年輩者の生きがいづくりとして
世代を越えたつながりが広がります

人は他人との関わりを通じて学び成長します。しかし核家族化が進む中、子どもたちとお年寄りとがふれあう機会が少なくなっています。また、お年寄りも同様に子どもたちとふれあう機会が少なくなっているといえます。子どもたちの高齢者に対する理解を深めるとともにお年寄りの生きがいづくりとして活動に取り組みます。他の世代間同士についても同様です。

ふれあいグラウンドゴルフ大会
ふれあいハイキング
ふれあい餅つき など

暮らしの学習講座の開催

危機管理につながります
地域内の情報ネットワークができます

暮らしの中で起こりうる、健康不安、悪質訪問販売、災害不安、介護不安について、いざというときに慌てず対処できるよう、講習会などを通じ知識などを蓄える。また、地域の住民同士での参加は、日頃からの情報のやり取りにつながり、気づかない内に陥る危機からの素早い脱却を図れます。

介護保険学習会
消費者トラブル勉強会
健康講座
家計簿講習会
リフォーム勉強会 など

介護講習会など活動の実施

いざという時の不安削減につながります
家庭や地域の介護力が高まります

病気や怪我などにより家族や自分自身がいつ何時、車いす生活などの要介護状態になるか わからず、その際には家族の生活が一変することになります。介護、車いす操作、介護を受ける方の気持ちなど、万全ではなくても多少の知識があると無いとでは、気持ちに大きな違いがあります。講習会などを通して家庭や地域の介護力を高めましょう。

介護講習会
車いす講習会
応急手当講習会 など

その他、集いなどの開催

多くの住民参加が得られます
広く委員会をPRすることができます
福祉活動への啓発が図れます

地域全体を対象とした活動に取り組むことも大 切です。住民が集う催し物を地域福祉推進委員会が中心となって開催し、住民相互の交流を深めていきましょう。また、催しの中に福祉について学ぶことができるコーナーなどを設け、福祉活動への啓発を図ります。

ふれあい祭り
ボランティア講座
福祉相談啓発 など

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional