香芝市の社会福祉活動を推進

地域推進要綱

地域推進要綱

目的

第1条

この要綱は、香芝市社会福祉協議会(以下「市社協」という。)が指定する小地域(おおむね自治会)を単位とする住民の自主組織「地域福祉推進委員会(以下「推進委員会」という。)」が、それぞれの地域において自治会、老人会、子ども会などの関係団体や保健福祉などの関係機関とのネットワークを拡げながら、地域性を活かした福祉活動を継続的に展開し、誰もが安心して暮らせる地域づくりを進めることを目的とします。

実施主体

第2条

この活動は、市社協が指定する推進委員会が実施するものとします。

実施期間

第3条

実施期間は1年間とします。ただし、継続的に実施することを基本とします。

推進委員会の役割

第4条

推進委員会は、第1条の目的を達成するため、関係団体、関係機関との連携協力をもとに、次にあげる活動を行うものとします。

  1. 地域の福祉を目的とした事業の企画及び実施
  2. 地域の福祉を目的とした調査、情報収集
  3. 地域の福祉を目的とした啓発(普及)
  4. 地域の福祉を目的とした連絡(連携)、調整
  5. 地域の福祉を目的とした相談
  6. 地域の福祉を目的とした援助
  7. 共同募金への協力
  8. その他この推進委員会の目的達成のため必要な活動

市社協の役割

第5条

市社協は推進委員会が円滑な活動展開が行えるよう次に掲げる取り組みを行います。

  1. 活動者への学習会・打合会等の開催
  2. 各地域における活動推進に係る企画・運営全般の支援を行う。
  3. 事業の効果・課題等について共有化が図れるように実施小地域間の連絡に努める。

活動助成

第6条

市社協は、別に定める助成要綱により推進委員会に対し活動助成をすることができます。

活動実施の申請及び報告

第7条

本活動を行おうとする推進委員会は「地域福祉推進委員会活動計画」(第3号様式)及び「地域福祉推進委員会予算書」(第4号様式)、更に「地域福祉推進委員会活動報告」(第6号様式)及び「地域福祉推進委員会決算書」(第7号様式)を市社協会長が定める期日までに提出しなければなりません。
新しく設立した推進委員会は、前項の書類に加え会則を提出しなければなりません。

その他

第8条

この要綱に定めるもののほか必要な事項は市社協会長が別に定めます。



付則


この要綱は、平成16年1月1日より施行します。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional